◆金沢 兼六園◆ 霞ヶ池は兼六園の高所にあり、人通りの一番賑やかなところです。ここから金沢市内が一望でき見晴らしの良い処で自然に人が集まってしまいます。そこに霞ヶ池があり、内橋亭、灯籠、虹橋、唐崎松、蓬莱島などの名勝が周辺に配され、兼六園の代表的な四季の撮影場所になっています。

その霞ヶ池と休憩ベンチの間に赤松や七福神山が造園されていて、来た時と時間がずれて夕陽に染まった庭園を再び歩いてみました。



雁行橋







案内図から散策した所を目印して、まだ散策してない処を霞ヶ池から再度、歩いてみます。









霞ヶ池

実際にはもう少し青空が濃かったけれど映像では今一の感でした。



黄門橋へ向います。

黄門橋
青戸室石でできた反橋は、橋台石に斜めに架けられているほか、一枚石を二枚石に見えるよう立体感を持たせて細工されている。
…案内板から抜粋

黄門橋


黄門橋から噴水の所へ向います。

この噴水は霞ヶ池を水源とする噴水で、池の水面との高低差による自然の水圧で噴き上がっています。そのため霞ヶ池の水位の変化によって噴水の高さが変化します。



看板に日本最古の噴水と書かれていた。

この辺りも前半に散策した処とイメージが大分違います。ブロックごとに自然の地形を生かし、年代を重ねて造園されているんじゃないかと思いました。





常盤ヶ岡と呼ばれる一帯を通り、霞ヶ池まで戻ってきました。





徽軫灯籠
霞ヶ池の北岸に配された兼六園を代表する景観です。パンフレットでよくお目にかかる景観です。

徽軫灯籠


虹橋から唐崎松の景観。


虹橋から内橋亭の景観


徽軫灯籠と虹橋

兼六園の観光も終わり桂坂口から出ると、正面が金沢城址公園入口になっていて、まだまだ人通りが多いです。



石川櫓と石川門(修復中でした)

石川門は1788年に再建され金沢城の搦め手にあたる枡形門で、需要文化財に指定され現在は修復中でした。
こうしてみると搦め手(裏門)には見えません。




今回の旅は一箇所にいるわけでなく、能登半島を周遊するという旅で走行距離も大分伸びました。交通渋滞もなく、道路も走りやすく快適なドライブも楽しめました。昨日のニュースで今夜零時からETC料金が半額になると聞いて、夜間走行で帰京します。安全運転で…


inserted by FC2 system