◆愛媛 松山城址(T)◆ 松山城は、今や日本に12ヵ所しか現存していない、江戸時代以前に建造された天守を有する城郭の一つです。東京から、♪はるばる来たぜ松山へ〜♪ 走行キロは880kmに及びました。

10時過ぎに松山城址に到着しました。駐車場もウロウロせずにナビが教えてくれました。どうやら松山城の入口の近くです。すぐそばに確保できてよかった!
松山城址の案内所でいろいろ説明を受けてから出発!


勝山に行くにはロープウェイかリフトで上ります。

松山城址へは4つ程の上り口があるがここは観光客向けのルートだそうです。
松山城ロープウェイとリフト


私達はロープウェイで…擦れ違いました。

本丸広場に明治時代の服装の書生風の男性や、はかま姿の女性が迎えてくれます。
記念撮影や簡単な観光案内などをサービスをする街角案内人だそうです。

7分程で到着しました。


東雲口ロープウェイから長者ヶ平を通り本丸へ…。

江戸時代以前の現存城址に、胸がわくわくします。
非常に高い城壁が印象的です。


思わず上を見上げるとこんな感じです。

早いと思ったが、結構人出が多く、外国の方々も多く見受けられました。
城壁を周回していきます。


人の大きさから、石垣の巨大さが窺えます。

揚木戸門跡から大手門跡を通り、本丸へ入ります。
太鼓櫓の土台の石垣は修復中でした。


太鼓櫓と筒井門(右手)

本丸への道はあちこち曲がりながら上がっていきます。
大手門口から望遠で太鼓櫓を撮影しました。


大手門口から望遠で筒井門を撮影しました。

松山市の中心部にある勝山に松山城は造られました。勝山の標高は僅か132mですが、イメージ的にはもっと高いと感じます。
二の丸口から登ると大手門口へ続きます。


戸無門(重要文化財)を登っていきます。

松山城を築城したのは秀吉の家臣で賤ヶ岳の合戦で名を挙げた七本槍の一人、加藤嘉明が築き、城郭は四国最大の規模を誇ります。
戸無門から太鼓櫓を撮影しました。


松山城戸無門(重要文化財)と太鼓櫓

門櫓、塀を多数備え、狭間や石落とし、高石垣などを利用して本丸までは曲がりくねった登城道で、攻守の機能に優れた連立式天守の平山城です。…案内板から抜粋。
筒井門は築城の際、正木城から移建されたと伝えられる松山城最大の門です。


筒井門前から松山市内が一望できます。

筒井門は三之丸、二之丸から本丸へ向かう登城道の途中にあり、城郭正面部の固めをする中心的な櫓門で、城中でもっとも堅固な場所となっています。
筒井門前から松山市内が一望できます。


筒井門前から松山市内が一望できます。

 
東雲口ロープウェイから長者ヶ平を通り、本丸を半周するような形で本丸入口の筒井門へ来ました。ここでは松山市内を一望でき、休憩する所があるので一休みしました。睡眠不足の為、目がしょぼしょぼしていますがマッサージしながらベンチに腰掛けると睡魔が襲ってきます。


inserted by FC2 system