◆真田氏館跡◆ 真田氏が上田へ進出する前はこの真田地域に館を構えていました。当時の真田氏は土豪としてこの地を治めていたと思われます。その館跡が土塁や厩跡まで遺構が残っていて公園として整備されています。中心には真田昌幸が勧請した皇大神宮が建立されていました。

駐車場から公園入口に来て案内板で全体の様子をみました。
御屋敷公園案内板


皇大神宮への鳥居

皇大神宮と鳥居


皇大神宮

皇大神宮


皇大神宮
土塁の幅は広い処で7〜8m、高さは2〜3mで土と石が混合されて築かれていました。中世豪族の居館跡がよく分かる遺構です。

皇大神宮を参拝した後は館周辺を歩いてみます。
北面の土塁跡


北側の土塁跡を出ると大沢川が流れ、天然のお濠の役目をしている。(上流方面)

北側の土塁跡を出ると大沢川が流れ、天然のお濠の役目をしている。(下流方面)


館内、北西に厩跡が土塁で囲まれています。

館の大手口(石垣が見られる)


館外、南面の土塁(下部に石垣跡が見られる)

 
遺跡周辺は、公園整備がされており「御屋敷公園」として親しまれています。
また公園なのに館内にはパー3のゴルフコースが作られており、あまりいい思いはしませんでした。家族連れが芝生でのんびりと遊んでいたのは微笑ましい風景でした。


inserted by FC2 system