◆真田氏本城跡◆ 真田郷の中央にある小高い山に自然の地形を利用した山城で戦時の山城と云う感じです。斜面に段々に作った段郭や水を引いた堰跡なども見れます。県道4号線から擦れ違いのできない山道を300m程登ると5、6台の駐車スペースのあるところに出ます。


真田氏本城跡入口


段丘に作られた郭跡…ここを登っていきます

真田氏本城跡説明…下記に説明を記しました

この上が本郭です


本郭に登りましょう

本郭からは真田町が眼下に見下ろせます


本郭の部分…やや傾斜気味の跡地でした

絵図面での説明…下記に説明を記しました
 ◆真田氏本城跡案内板の説明◆
この城は、真田城・松尾城・城山などとも呼ばれ、天白城跡と共に熊久保集落を中心に馬蹄形状をなしている。  南西に広がるなだらかな傾斜面には、真田氏館跡や原の郷があり、さらに指呼の間に戸石城を望むことができる。  本郭は、東西8.6m、南北37mの広さで、高さ2mの土居を南側に築いている。北方へ二の郭、三の郭と段差を設けながら延び出し、その北側は急崖となっている。山の尾根の自然の地形を利用した山城で、規模も大きく水利もある。周辺の城跡群との位置関係等をあわせみるとき、上田城築城以前の本城であったと推定される。


絵図面での説明…上記に説明を記しました


段丘の本郭から延びている外郭への道

砥石城方面の眺め


石垣のない郭郡…でも甲冑を着けてここを登るのは容易ではないと思います

上田市方面の眺め


外郭から本郭を見上げる

 
山の尾根の自然の地形を利用した山城で石垣も無く山の傾斜が郭を造っていることが良くわかりました。 でも、登ったり降りたりで足首もふくらはぎも痛くなってきました。とにかく盛夏!暑い!のどが渇いて腹減った!


inserted by FC2 system