◆海津城跡◆ 武田信玄が謙信との戦いでこの地を確保するために築いた城が海津城と云われます。信玄は海津城を高坂昌信に守備させ、川中島の戦いの拠点とした。武田滅亡後、一時期織田信長の支配になり、上杉の支配に変わった。徳川の時代になり上田城から真田信之が入り海津城となり、明治維新まで続きました。

松代駅が城地を横切っているので、駅からすぐです。
海津城案内


二の丸南門から見る太鼓門

正面からの太鼓門


太鼓門

堀から見た太鼓門


堀から見た太鼓門

本丸を囲む内堀


太鼓門遠景

二の丸土塀からの太鼓門


本丸を囲む内堀

太鼓門正面


本丸入口の太鼓門

本丸から二の丸を見る


本丸内から太鼓門をみる

東不明門前橋


二の丸から本丸を見る

本丸と二の丸をつなぐ東不明門前橋


内堀

本丸を囲む内堀


石場門 二の丸への入口
維新後火災にあい焼失して、廃城となってからは、城としての景観は失われ、発掘調査や当時の絵図資料を元にして江戸時代の景観を復元されました。

 
二の丸土塀上から見た東不明門


二の丸土塀上から見た本丸

北側から見た二の丸


北側から見た北不明門

北側の新堀


北側入口

北不明門全景


北不明門入口

北不明門


北不明門内部

本丸から見た北不明門


本丸碑

本丸の周囲


高い石垣

石垣上から北不明門を見る


本丸石垣

本丸石垣


絵図を元に復元された埋門
 
真田家は維新まで本丸内に天守閣を造らなかった。真田家を生き延ばせるために、関ヶ原の戦いで親子が両軍に分かれて戦った。小さな戦国大名が生き延びるために様々な戦略を練り、代々に渡って守らせる家訓のようなものがあったのではないか!と思いました。


inserted by FC2 system